銀座カラーの脱毛の痛みについて

銀座カラー脱毛の痛み


 

脱毛の痛みについて


銀座カラーも含めて脱毛についてあれこれ調べてると、
「痛み」についての説明や口コミを見かけると思います。

それらを見てると、「脱毛=痛い」と言うイメージが出来てしまいます。
 


だけど、痛いという理由で脱毛を断念してしまうのはもったいないです。
脱毛が痛いものなら、脱毛をする人なんていないと思いませんか?
 

脱毛の痛み


脱毛には光脱毛と医療によるレーザー脱毛があります。
光脱毛とレーザー脱毛では、光脱毛の方が痛みは少ないと言われてます。

どちらも、毛の生える部分に照射することで、毛の元にダメージを与え
毛の成長を抑えるという仕組みです。
この時、照射する光によってダメージを与えた瞬間に痛みを感じる事があります。
その痛みは、「パチンと輪ゴムで弾いたような痛さ」と言われてます。

誰もが痛みを感じるという事ではなく、ほとんど痛みを感じない方がいれば、
痛くて我慢できない。とストレスになる方もいるようです。
また痛みは、場所によって感じる部分と感じにくい部分があります。
 

銀座カラーの脱毛方式


銀座カラーの脱毛はIPL方式という光脱毛です。
光脱毛には、IPL方式の他にもSSC方式や、SHR方式など色々な脱毛方式があります。
基本的には同じ光脱毛であることに違いはありません。
しかし、脱毛サロンによって使う機種が違うので、それらの方式から脱毛について
痛みや効果も違いはあるようですが、銀座カラーで使われているIPL方式のは、
痛いと言う口コミが多いようです。
 

IPL方式は痛いばかりじゃない


痛いと言う口コミが多い中、銀座カラーの脱毛は他の光脱毛より効果が現れやすい。
痛いという事は毛にダメージを与えてるので、効果が現れるまでの時間が短い、
つまり効果が現れやすい。という事ですね。

施術時間が短く最新機種の導入で施術にかかる時間が従来の3分の1に短縮され、
全身脱毛が60分なので、仕事終りでも十分脱毛が受けられます。

銀座カラーは機械を当てる前に冷却ジェルを塗ります。
肌を保護することや痛みを和らげる目的があり、塗った時にヒヤりとするので、
その冷たさで光を照射した時の痛みをほとんど感じないのです。
 

気にしない


脱毛サロンの光脱毛は、レーザー脱毛に比べれば痛みは小さく、ゴムで弾いたような痛さで、
それも一瞬なので、痛みというより少しおどろくような感覚に近いのかもしれません。
口コミなどで痛いと言われてますが、本当の痛みや痛みの強さは、
実際に施術を受けた本人にしか分からない事です。


周りの評判ばかり受け入れ、気にしてばかりだと始める前からストレスになってしまいます。
それに痛みの事を気にしてばかりいると、脱毛が受けられなくなってしまいますよ。
まずはお試しなど受けるのもいいですし、それが無くても受ける事が大切です。
やって見ないと何もわからないですよね。