ムダ毛の自己処理のについて

自己処理の種類


ムダ毛は、女性にとって身近な問題です。
見た目の事からお肌のトラブルまで多くの女性がムダ毛について悩みをもってます。
そのムダ毛の処理方法のひとつ自分で処理する、自己処理があります。
多くの女性がムダ毛を自己処理でカミソリ負けや乾燥肌、毛穴の目立ち。などの経験をしてます。
間違った方法やうわさに振り回され正しい方法が出来てないことが原因です。
 



ムダ毛処理でカミソリ負けや毛穴の開きなどの肌トラブルを起こさないようにするためにも
正しい処理方法とケアで肌トラブルの無いつるつるな肌をキープしましょう。

ここでは、自分でするムダ毛処理、自己処理についてお伝えします。

 

主な自己処理の種類


カミソリ
Tの字、I型など刃物で毛を剃り落とす仕組み。
100円ショップでも売られ、安く気軽に購入できる。
誰でも簡単に扱える一方、カミソリ負けや切り傷など
を負うなどのデメリットもあります。


電動シェーバー
男性がヒゲ剃りで使うシェーバーの女性版。
顔だけでなく体のどこでも使え肌を傷付けないので安心。
カミソリのような剃り味がなく剃り残しが出来てしまう。


トリマー
電動シェーバーの簡易型のような物でカミソリ型をしている。
小さいので産毛やまゆなど細かい部分の処理に便利。


ヒートカッター
文字通り熱を利用して毛をカットする仕組み。
ハサミのカットと違い切断部分が角ばらないので、毛先がチクチクしない。
毛を無くすというより長さをそろえるイメージ。


毛抜き
毛を1本1本抜く道具。
カミソリを同じようにメジャーな物。
剃り残した毛を処理する時に使われる事が多い。
1本づつ抜くので広い範囲には向かない。
抜くと毛穴に負担をかけたり、埋没毛になる事もあります。


ワックス
温めたワックスを処理したい毛に塗りシートを貼り付け一気に剥がす。
一度に広い範囲の毛を抜くことができ、ツルツルになる。
抜くことで次に毛が生えるまでの期間が長い。
一度に多くの毛を抜くので肌が赤く腫れる事もある。


除毛クリーム
毛にクリームを塗り、一定の時間置いてから拭き取ると毛も取れる。
毛を溶かす成分は肌に負担をかけるため頻繁に使う時は注意。
美容成分配合・除毛クリーム【レジーナ】

脱色
毛の色素を抜き、目立たなくする。
薬剤が入ってるためパッチテストをする必要がある。


抑毛ローション
毛の成長を抑え、毛を目立たなくする働きがある。
一目での効果は期待できないけど、ムダ毛処理の補助として使える。